【体験談】英会話の初心者が英語を話すのに必要な3条件とは?

英会話に必要な3条件

 

あなたも英語を話せるように日々学習をしていると思いますが、こんな悩みはありませんか?

 

書店で英会話教材を探しても、初心者に丁度良いレベルのものが見つからない
スピーキングとリスニングを同時に練習できる教材があまりない
教材内容が単調で、途中で飽きてしまう
文法的に不明な点があると、気になって先に進めなくなってしまう
英語学習サイトですすめている瞬間英作文を実践したが、結局話せなかった
学習がただのフレーズ暗記に終始してしまい、実践で結局話せなかった
たくさんフレーズを覚えても、その状況でふさわしい表現が使い分けられない
英語を話した際、ネイティブに苦笑いされた

 

瞬間英作文では話せませんでした

私も以前は書店で市販されている教材で学習していました。特に、瞬間英作文とパターンプラクティスは集中してトレーニングしました。

 

瞬間英作文とパターンプラクティスとは、簡単に言えば、英語の語順、単語の並べ方を体で覚え、瞬時に英文を組み立てられるようにする学習法です。

 

私も毎日毎日練習した結果、即座に英文を組み立てられるようにはなりました。ただし、すぐに口から出る英文は、練習したテキストの味気のない英文だけでした。

 

で、結局話せるようにはなりませんでしたよ。

 

なぜなら、瞬間英作文もパターンプラクティスも、ある程度のフレーズや単語を使いこなせることが前提となっているからです。

 

これらの訓練で、いくら脳内に英語回路を構築することができても、肝心な表現自体が身についていなければ、自分の言いたいことなど表現できませんよね。

 

こんな簡単なことにも当時は気づきませんでした。世間で話題の学習方法を鵜呑みにした結果がこれです。

 

このようなトレーニングは、ある程度のコア表現をマスターしてからでなければ、効果は望めません。

 

ただのフレーズ暗記では危険すぎる!

この反省をもとに、ネイティブ表現のフレーズ集も勉強しました。テキストの似たようなフレーズと意味をたくさん覚えまくっていました。

 

関連表現もたくさん覚え、それなりに表現のストックも増えて、少し自信もついていたそんな折。

 

仕事の関係でネイティブと話す機会があったんですが、その時なぜか、けげんそうな顔で対応されたことがあったんですよ。

 

後々、このネイティブの方とは仲良くなったので、この時のけげんな顔の理由を聞いてみたところ、

 

彼が言うには、「ずいぶんカジュアルで幼稚な表現を使つやつだな」とのこと。

 

確かに、この時の私は、フレーズを覚えるにしても、使い分けやニュアンスなどは二の次で、たくさんフレーズを覚えることだけにこだわっていました。

 

英語でも言葉のニュアンスや使い分けを習得しないと、正しいコミュニケーションが取れないのだと痛感した経験でしたね。

 

初心者が絶対に必要な学習内容とは

これらの経験から、英会話の初心者の方に必要なものは、

 

ネイティブの高速英語を聞き取れるリスニング力
最低限のコミュニケーションが取れる使い回しの良いコアフレーズ
習得したフレーズを状況に応じて適切に使い分けるスキル

 

であると実感しています。

 

まずは、相手が何を言っているのか理解できなければ、始まりませんから、リスニング力アップは必須ですね。

 

そして、最低限のコミュニケーションが取れる英語フレーズを覚え、TPOに応じて自由自在に使いこなすスキルを身に付ける。

 

コレです。

 

初心者の方は、上の3点を習得することが、英会話をマスターする早道です。

 

余裕のある方は、より上級のトレーニング法の瞬間英作文やシャドーイングなども学習に取り入れていくと、いっそう学習効果も上がります。

 

この3つの条件に合った英会話教材にネイティブイングリッシュがあります。

 

英語初心者の方のやり直し教材として、大変人気のある教材です。興味のある方は、下記を参考にしてください。